新兵器登場!

すっかり更新が滞ってしまいました。
見に来て下さった方すいませんでした。

今回は最近使い始めた画期的な道具を紹介します。
知り合いのcoolys1さん(http://coolys.exblog.jp/)に作っていただいたLED照明です。
細長いので笛の管内に楽々挿入ができます。


これがどのように役立つのかご説明します。
黒檀のような黒い色の木材に歌口や指穴をあけその削り具合を確認するとき、
とても見づらいのです。
歴史的木管楽器の歌口や指穴はアンダーカットといって管の内側へいくほど広がっています。この広がり具合は穴によって一つ一つ異なるため削るのには細心の注意が必要です。
これまでは外側から光を当てながら作業をしていました。
内側から光を照らすと、削り具合が驚くほど良く分かります。


シェラーモデルのトラヴェルソの右手管にLEDを差し込んだところです。
一番左側の指穴の断面の様子がよく見えます。


拡大するとこんな感じです。



削っている途中の様子


仕上げた後の様子



すばらしい道具を提供して下さりありがとうございました。 

関連する記事

WEB SITEBLOG TOP

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

木管楽器製作 中川隆

ホームページもご覧下さい (右上にある WEB SITE をクリックすると移動します)

ジョグノート

  

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM