ルネサンス・フルート新モデル

ルネサンス・フルートの新しいモデル(ラフィ・モデル)を製作しました。
クロード・ラフィ(Claude Rafi)は16世紀前半にフランスのリヨンで活動したという記録が残っている製作家です。
今回製作したモデルのオリジナルはブリュッセルのコンセルヴァトワール所蔵の楽器です。
オリジナルピッチはa=385Hz。オリジナルピッチとa=392Hzの替え管を製作しました。
オリジナルは継ぎ目無しですが、使用上の利便性を考慮して2本継ぎで製作し、替え管もご用意しました。
これまで製作してきたRauchモデルよりも肉厚で特に低音の響きが豊かです。



写真:上から、Rafiモデルオリジナルピッチ(下管のみ)、Rafi392替え管付き、Rauchモデル(a=440Hz)

シェラーモデル

このあとジョイントの糸を巻き、刻印を入れて完成です。

yanagisawasama
フラウト・トラヴェルソ シェラーモデル 
コーカスウッド材 シルヴァーキー A=415Hz

ルネサンスフルート

ルネサンスフルート
ツゲ材
440Hz

(オリジナルはヴェローナのアカデミア・フィラルモニカ所蔵の楽器No.13284。
ジョイントなしでピッチは403Hz) 

フラウト・チリンドリコ(flauto cilindrico)

 ルネサンスタイプのリコーダー

G管
440Hz
ツゲ材
G1

G2





左は替え管(F管 440Hz)
G&F-2

最近の作から

シェラー(コーカスウッド、マウント付き)
シェラーモデル
415Hz
コーカスウッド
人工象牙マウント付き


1

WEB SITEBLOG TOP

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

木管楽器製作 中川隆

ホームページもご覧下さい (右上にある WEB SITE をクリックすると移動します)

ジョグノート

  

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM